金融資本市場
地方公共団体の財政面の現状

強い地方を作るための足元再確認

2013年2月1日

サマリー

◆わが国が直面する諸課題に対応するためには、総合的な国力の増強が重要であり、国力増強の基礎は各地域が強くなることにある。その前提として、本稿では地方公共団体の財政面に焦点をあて、まずは大枠の現状把握を試みた。

◆地方公共団体純計の普通会計と国の一般会計を過去約四半世紀さかのぼって比較すると、歳入規模は地方公共団体純計の方が大きい年度が大半である。基礎的財政収支は、国が赤字から抜け出せていないのに対し、地方公共団体純計では近年は黒字である。歳出では、普通建設事業費の構成比が低下基調であるのに対し、都道府県計では補助費等、市町村計では扶助費の構成比が上昇基調であることが特徴的である。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革