金融資本市場
復活する日本のLBOファイナンス

金融危機後に需要が高まるメザニン・ファイナンス

2012年7月18日

金融調査部 菅野 泰夫

サマリー

◆グローバル金融危機発生以前に隆盛であったLBOファイナンス市場が、再び活性化の気運を高めつつある。その要因として、LBOブームに沸いた2000年代中旬頃の投資案件に対するリファイナンス需要や、日本企業のM&Aの増加が呼び水となっているといわれる。特に昨今では、LBOファイナンス市場の中でも取り分けメザニン・ファイナンス(劣後ローン、優先株等)が注目されつつある。

◆過去に、日本のメザニン・ファイナンス市場の育成を阻害していたのは、邦銀のリスク・リターン特性を軽視した融資体制にあるとの意見も少なくない。本来、メザニンとしてしか融資出来ないリスクの高い案件がシニアローンとして実行されていたことが、適正な市場育成を阻害していたともいえる。

◆中小企業金融円滑化法の出口戦略においても、資本再構築等の場面でメザニン・ファイナンスは効力を発揮するとの見方は強い。ひいては日本の投資家にとって長く課題であったとされる、ミドルリスク・ミドルリターン市場の活性化に繋がる可能性も高い。金融危機を経て、適正な市場が形成されつつある日本のメザニン・ファイナンスに対する今後の需要が注目される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革