金融資本市場
種類株を活用した新規公開

2012年5月28日

金融調査部 奥谷 貴彦
是枝 俊悟

サマリー

◆米国大手ソーシャル・ネットワーキング・サービス企業であるフェイスブックが新規株式公開(IPO:Initial Public Offering)を行った。同社のIPOは種類株式(以下、種類株)を活用したものである。

◆米国において種類株を活用するベンチャー企業のIPOはこれが初めてではなく、ITセクターの大型IPOでは種類株を活用する事例がある。

◆日本でも種類株を活用するIPOは条件付きで認められている。また種類株のストック・オプションに関する税制上の取扱いについても改善するなど制度上の問題も解消されてきた。しかし、依然として種類株を用いるベンチャー企業は少ない。

◆種類株の活用には投資家とベンチャー企業双方にとって、様々なメリットがある。今後、米国のようにベンチャー企業において、種類株の活用が活発化するだろう。

◆種類株の普及に向けて、より一層の制度整備の検討が必要と考える。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革