金融資本市場
米国の「クラウド・ファンディング」に注目

ネットで資金調達、誰でもできるベンチャー投資へ

2012年4月25日

金融調査部 奥谷 貴彦

サマリー

◆米国において株式投資に関する規制が緩和され、ウェブにアクセスできる誰もがベンチャー企業の株式に投資できるようになった。これまでは主に一部の富裕層がベンチャーの起業時に投資するのが中心であった。

◆今回の規制緩和によって、ベンチャー企業は民間企業が運営する“クラウド・ファンディング・ウェブサイト”を通じて少額の投資資金を調達できるようになる。また、富裕層に限らずベンチャー企業への投資に興味がある誰もがウェブを利用して投資できるようになる。

◆今回の規制緩和によって、ベンチャー企業への投資が活発になり、起業が促される効果があると考える。

◆日本においてもベンチャー企業が株式によって資金調達する際にクラウド・ファンディング・ウェブサイトを利用できるよう、制度整備を検討する価値は十分ある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革