金融資本市場
企業の資金需要、長期低迷の中にも変化の兆し

 需要増加のポイントは非製造業設備投資と対外直接投資

サマリー

◆日本企業は全体でみると資金余剰の状態にあり、借入・増資・社債発行など、外部からの資金調達を積極的に行っていない。バブル期に抱えた過剰債務は2000年代半ばに解消されたといわれているが、企業の資金調達は内部調達(内部留保・減価償却など)が中心となっているのが現状である。

◆資本金が相対的に大きい企業は徐々に外部からの資金調達を増やしており、増資による自己資本の充実など、財務体質強化の動きもみられる。今後は特に非製造業の設備投資や、海外への直接投資が資金需要の増加に影響を与える要因として注目されよう。

◆企業が保有する現預金は高水準であり、内部留保も増加傾向が続いている。成長のために新たな投資を行っていく必要があるが、現在保有している資産をより効率的に利用する対策も必要であろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革