金融資本市場
制度導入10年:確定拠出年金制度の課題

拠出限度額の引き上げ、マッチング拠出の規制見直しなどが求められる。

2012年2月22日

資本市場調査部 金融調査課
佐川 あぐり
森 祐司

サマリー

◆確定拠出年金は、拠出した掛金を加入者自身が主体となり運用することで、老後の資産を形成していく年金制度である。自己責任を原則とした新しいタイプの年金制度として、大きな期待を受けて制度がスタートし、約10年が経過した。

◆制度の普及状況を確認すると、導入以来、加入者数や実施企業数は順調に増加しているものの、期待通りの普及状況とはいい難い。制度面での課題が多いことも一因といえるのではないだろうか。

◆制度面での課題としては、拠出限度額の引き上げ、マッチング拠出の規制見直しなどがあげられる。高齢化が急速に進み、公的年金の財政悪化が逼迫する状況下において、確定拠出年金制度は自助努力によって資産を形成できる、重要な制度といえる。より利便性を高めて、加入者の利用がさらに拡大するように制度見直しを進めていくべきであろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革