金融資本市場
海外進出企業の現地における資金調達

拡大する企業の海外進出、内部資金以外にも資金調達手段の確保を

2011年10月21日

資本市場調査部 太田 珠美

サマリー

◆内需の拡大が見込めない環境下で、新興国を中心とした海外の需要を取り込むべく、日本企業の外進出が増加している。海外で事業を行う際、資金は内部留保や親会社・グループ会社などからの出資・借入でまかなう傾向が強く、外部(金融機関や投資家)からの資金調達は積極的には行われていない。

◆資金調達を内部のみに頼ることは、時にリスクにもなる。外部からの資金調達手段を確保することはリスク回避になるだけでなく、現地での信用力・知名度の向上にもつながる。海外進出後の資金調達は、表面的なコストだけでなく、様々な角度から検討し、戦略的に行うべきであろう。一方、外部からの資金調達にはハードルも多い。金融機関や公的機関の一層のサポートも求められる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革