金融資本市場
シンガポールのヘッジファンドの動向

緩やかな規制と香港との競争で、アジアでの運用拠点としての地位を確立

2011年5月10日

資本市場調査部 金融調査課 森 祐司
環境・CSR調査課 伊藤 正晴

サマリー

◆シンガポールを拠点とするヘッジファンドは、2005年から5年間で100.1%の増加を示し、同時期の世界のヘッジファンドの増加率38.3%を大きく上回った。新興市場の拡大に伴い、ヘッジファンドの運用拠点としての地位を急速に高めてきている。

◆シンガポールを拠点とするヘッジファンドは、株式市場関連の運用戦略が多いが、アジアの他の運用拠点と比べて、戦略の多様性は高い。また投資先もシンガポール金融派生市場の発達や地理的利便性などから、中東・アフリカやインドや日本などに広がる。

◆大型のヘッジファンドに集中する傾向もあるが、今後のエマージング市場の拡大や、ヘッジファンドに対する緩やかな規制や誘致策により、ヘッジファンドの運用拠点として香港をさらに追い上げていくだろう。シンガポールは香港との切磋琢磨により、アジアにおけるヘッジファンド運用の拡大とともに、発展していくことが予想されよう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革