1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. IR支援
  5. サステナビリティ社会における水素モメンタムの高まり

サステナビリティ社会における水素モメンタムの高まり

~大型モビリティからみた水素の利活用~

経営コンサルティング第一部 コンサルタント 渡邊 秀人

サマリー

SDGsやESGの理解の広がりに伴い、“サステナビリティ”という言葉が浸透してきた。企業のサステナビリティ対応が進んでいるが、ひとえにサステナビリティといっても、環境や人材、安全、サプライチェーン等、様々なトピックを内包している。2020年はコロナ禍もあり人材や安全管理等、人的資本への企業の責任・対応に注目が集まった。一方で、コロナ禍からの経済回復策としてのグリーンリカバリーの取り組みも進んでいる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス