1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. アジアンインサイト
  4. 新興国における日本の中古車事情

新興国における日本の中古車事情

ロシア、ジョージア、ミャンマーに見る輸入規制の影響

2018年10月12日

アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 葛西 英昭

サマリー

「ジョージア(旧グルジア)に行ってみたい」と思い立ち、ジョージアのことを調べていたところ、同国は中央アジア諸国向け中古車輸入のハブとなっていることを知った。海上輸送の関係で、沿海部のないカスピ海周辺諸国(アルメニア、アゼルバイジャン、カザフスタンなど)への再輸出は黒海に面する同国経由となることがハブとなった大きな理由のようだ。このジョージアで昨年、右ハンドル中古車の物品税が大幅に引き上げられるとのニュース に接し、「日本の中古車は状態が良い上に安価で他国の中古車では競争にならない」と嘆く輸入中古車販売業者のコメントが紹介されていた。もちろんジョージアに限らず、新興国で日本の中古車が多く走っている様子がテレビニュースなどで紹介されることも多いから、日本の中古車輸入に関連する政策変更は業者にとって大きな関心事に違いない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス