1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. アジアンインサイト
  4. 順調に広がるか アセアンにおけるデジタルエコノミー

順調に広がるか アセアンにおけるデジタルエコノミー

デジタル先進国シンガポールが域内振興政策を牽引

2018年06月11日

アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 中西 昭文

サマリー

「デジタルエコノミー(digital economy)」という用語を耳にするようになって久しい。もともとは90年代末に米国商務省の報告書で用いられたのが起源とされる造語で、当時はパソコンを活用したIT化や、インターネットを利用した通信コミュニケーションの高速化を目指すことで生産性・収益性の向上、ひいては経済活性化につながるという脈略で多用された。20年が経過し、今日におけるデジタルエコノミーとは、あらゆるモノがインターネット経由でつながるIoT(Internet of Things)技術の応用や、人工知能=AI(Artificial Intelligence)を活用した新しいデジタル産業・サービスを広く指し示す言葉となっているようだ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス