1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. アジアンインサイト
  4. タイ:「同性婚」法案の背景と課題

タイ:「同性婚」法案の背景と課題

不安定な政治と不寛容な社会を乗り越えられるか

2018年05月18日

アジア事業開発グループ コンサルタント 中 澪

サマリー

タイで、同性間の関係が法的に認められる可能性が高まっている。先月末から複数の現地メディアが報じたところによると(※1)、同性婚に準ずる「パートナーシップ法」の法案作成がタイ法務省権利・自由擁護局(Rights and Liberties Protection Department:RLPD)下で進められており、現政権下で成立する見通しであるという。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

関連のサービス