1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. アジアンインサイト
  4. ミャンマー:広がる配車アプリ、高まる渋滞緩和への期待

ミャンマー:広がる配車アプリ、高まる渋滞緩和への期待

途上国ミャンマーから日本が学ぶものは?

2018年04月19日

アジア事業開発グループ アソシエイト 古橋 櫻子

サマリー

ミャンマーは他のASEAN諸国に比べ、インフラをはじめ多くの点で経済的に発展途上の側面が目立つ。しかしスマートフォン(以下、スマホ)に関しては、周辺国や日本よりも急速な普及が際立っている。日本では大半の国民に携帯電話が普及した後、スマホ市場が徐々に拡大してきた。そのため、広義の携帯電話普及率は2016年で95%に達しているが、そのうちスマホ所有率は53%とおよそ半分の水準に過ぎない。他方ミャンマーでは、携帯電話市場の拡大時期が世界的なスマホ普及期と重なったため、携帯電話の普及はその大半がスマホで占められている。実際、2016年の携帯電話普及率は47%であるが、そのうちの70%がスマホユーザーと日本を超える高水準である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス