書籍

中国改革の深化と日本企業の事業展開

定価
2,500円(税別)
著者
真家陽一(編著)
発行
2014年6月17日 261p
発行所
ジェトロ(日本貿易振興機構)

内容

「中国改革の深化と日本企業の事業展開」は、改革の深化を推進する中国の政策動向、経済情勢の現状と今後の展望を、できるだけ客観的かつ中立的に分析しつつ、そうした動向が日本企業にとっていかなるビジネスチャンスあるいはリスクをもたらすのか、また、事業環境の変化の中でどのように対応すべきなのか、といった観点から中国での事業展開に参考となる視点を提供することを目的に編集したものです。具体的にはジェトロの会員制度「中国経済情報研究会」の会員向け情報誌である「月刊中国情報」に掲載された論文を厳選し、最近の動向も踏まえて加筆・修正した上でテーマごとに再構成しています。

大和総研からは、経済調査部の齋藤尚登シニアエコノミストが、第1部第3章「中国経済の中長期の注目点」を執筆しています。本書が中国に関わる関係各位の参考となれば幸いです。

目次

  1. はじめに
  2. 序論三中全会「決定」のインパクト
  3. 第1部深化する改革と中国経済の展望
    1. 第1章改革路線を継続する習近平政権
    2. 第2章中国経済:成長減速と構造変化 -2013年の回顧と2014年の展望-
    3. 第3章中国経済の中長期の注目点
  4. 第2部「決定」を踏まえた有望ビジネス分野と参入における課題
    1. 〔環境・省エネ分野〕
    2. 第4章中国の環境問題の現状とビジネスの可能性
    3. 第5章第12次5カ年規画とPM2.5問題で加速する中国の大気汚染対策
      -日本企業にとってのビジネスチャンス-
    4. 〔高齢者ビジネス分野〕
    5. 第6章中国における高齢者向けサービスの現状と今後の可能性
    6. 第7章遼寧省(瀋陽市、大連市)における高齢者産業の現状
    7. 〔サービス分野〕
    8. 第8章転換期にある中国の流通産業 -食品小売業を中心に-
    9. 第9章流通段階の商習慣が中小企業と消費市場に与える影響
    10. 第10章「モノのインターネット(物聯網)」の可能性と日系企業の参入機会
  5. 第3部事業環境の変化と企業の対応
    1. 第11章事業戦略の再構築期を迎えている中国進出日系企業
      -在アジア・オセアニア日系企業実態調査(2013年度)から-
    2. 第12章中国の事業環境に対する米国・EU企業の見方
      -中国米国商会、在中国EU商工会議所の調査から-
    3. 第13章減少が続く中国の対日輸入
      -中国市場の需要動向から見る要因分析と今後の見通し-
    4. 第14章中小企業における海外直接投資の効果
    5. 第15章中国市場からの撤退 -中小企業の事例を中心に-
    6. 第16章中国人の「発展空間」と日系企業の人事課題
    7. 第17章中国最大の製造業“フォックスコン”のEMS事業
  6. 執筆者一覧