書籍

日本の交通ネットワーク

定価
3,000円(税別)
著者
山重 慎二(一橋大学准教授 大和総研客員研究員)[編著]/経営戦略研究所[編著]
発行
2007年8月24日発行 280p
発行所
中央経済社
受賞
第33回交通図書賞(2007年度)(財団法人交通協力会・交通新聞社共催)を受賞。(第1部:経済・経営部門)

内容

交通ネットワークはヒトとモノを運ぶ血管のようなものである。それがさまざまな問題を抱えているならば、日本経済は元気になることはできないだろう。そのような問題意識に立ち、日本の交通ネットワークが抱えている問題を過去に遡って明らかにし、海外の事例や最新の経済理論の成果に基づいて、望ましい治療法を提示する。

目次

  1. 序章日本の交通ネットワークと日本経済
  2. 第Ⅰ部交通ネットワーク事業に関する理論的考察
    1. 第1章交通ネットワーク事業の公共性と公的介入
    2. 第2章交通ネットワーク事業の改革
  3. 第Ⅱ部交通ネットワーク事業の現状と課題
    1. 第3章鉄道
    2. 第4章道路
    3. 第5章空港
    4. 第6章港湾
    5. 第7章地下鉄・バス・路面電車 ―都市内公共交通
    6. 終章交通ネットワークと日本経済の未来