<実践>サステナブル経営
事業継続計画における課題と対応策

企業の事業継続の現状と3つの課題、そしてその対応策

2014年10月14日

  • コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 大村 岳雄

サマリー

◆事業継続の重要性は企業価値の向上や企業競争力の強化の観点から高まってきている。内閣府の調査(平成25年度)でみても、事業継続計画(BCP)の策定状況は、策定中を加えると大企業で7割強、中堅企業で4割弱が事業継続に取組んでいる。

◆BCP策定の比率は高まってきているが、外部インフラや通信手段など外部要因、BCPへの関心の差異といった内部要因、BCP自体の視点の、3つの課題があると考えている。

◆しかし、いずれの課題も比較的平易なアプローチで対応が可能である。BCP策定済の企業もそうでない企業も、経営戦略の観点からBCPを再検討してはいかがであろうか。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー