コンサルティングレポート
クロスボーダーM&A統合成功の秘訣 ―サンケン電気の事例

2011年11月17日

  • 企業経営コンサルティング部 宮内 久美
  • 原田 英始
  • 水上 貴史

サマリー

企業価値向上のための経営戦略において、欧米企業のみならず日本企業にとっても、M&Aは重要な選択肢の一つと位置づけられてきている。
クロスボーダー案件は1件あたりの買収金額が国内企業の買収と比較して高く、またその規模は2006年以降拡大する傾向にある。
「クロスボーダーM&A統合成功の秘訣」は、外国企業を買収した日本企業の中から、自他ともに成功事例と認められるケースを取り上げ、買収を成功に導いた秘訣や統合の過程で顕在化した課題などを明らかにするのが目的である。
本稿では半導体メーカーのサンケン電気による米国企業の買収を事例として取り上げる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

執筆者紹介

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

コンサルティング

コンサルタント

セミナー