研究員

シニアエコノミスト(NY駐在)
土屋 貴裕
Takahiro TSUCHIYA

経済がグローバル化し、市場を通じてある出来事が簡単に国境をまたいで伝播する。このため、ツールとしてのマーケットメカニズムが、経済の中でどのように機能しているかに関心を持っている。分析にあたっては、詳細をブレイクダウンして考えると同時に、多面的なものの見方をするように心がけている。

所属

ニューヨークリサーチセンター

研究・専門分野

経済調査部 海外経済

  • 米国経済全般

経歴

1997年 大和総研入社
国内金融市場、金融政策分析等を担当
2004年 内閣府出向、政策効果分析を担当
2006年 グローバル債券市場の調査
2008年 日本株を巡る資金フローを調査
2011年 金融・資本市場調査担当
2012年 ニューヨークリサーチセンターにて、米国経済全般を担当
  現在に至る

その他

  • 日本証券アナリスト協会検定会員

執筆レポート

リサーチレポート

コラム

リサーチ