研究員

主任研究員
鈴木 文彦
Fumihiko SUZUKI

今後本格的な人口減少時代を迎えるにあたって、わが国の成長力を確保するためにまずは生産性の向上、とくに地方の「稼ぐ力」を奮い起こすことが求められています。官民連携(PPP/PFI)による施設整備、観光振興、農業再生。そして移出型産業の育成から起業の活性化までアプローチの方法はさまざまありますが、これら活性化策の土台には、地域内で自立した資金循環の構造があることも忘れてはなりません。平均所得の向上に狙いを定めた地方創生の旗の下、地域活性化の各論のみならず、金融の地産地消のあり方やときには地域金融機関の役割について研究を深め、広く世の中に成果を還元したいと思います。

所属

金融調査部

研究・専門分野

金融調査部 金融資本市場

  • 地域経済、地方財政、PPP/PFI

経歴

1993年 地方銀行入行
法人融資、景況調査等を担当
2004年 財務省東北財務局に出向(上席専門調査員)
地方財政を担当
2008年 大和総研入社
パブリックセクター全般を担当
2012年 経営コンサルティング部
2017年 金融調査部 主任研究員
  現在に至る

著書・論文

その他

  • 中小企業診断士
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 宅地建物取引主任者
  • 平成28年度行政事業レビュー 参考人(2016年11月5日)
  • 財務省関東財務局 財務行政モニター(2016年9月~)
  • 東京都オリンピック・パラリンピック事務局「新規恒久施設等の後利用に関するアドバイザリー会議」委員(2014年12月~2017年3月)
  • 自治総合センター「第三セクター等の資金調達のあり方等に関する調査研究会」(2013年11月~2014年3月)
  • 日本政策投資銀行「スマート・ベニュー研究会」委員(2013年5月~6月)
  • 西東京市行財政改革推進委員会委員(2012年8月~)
  • 衆議院財務金融委員会 参考人(2011年7月15日)
  • 経済産業省「水道事業PPP促進ワーキンググループ」委員(2010年12月~2011年3月)
  • 日本交通学会 会員

執筆レポート

リサーチレポート

コンサルティング重点テーマレポート

コンサルティングインサイト

コラム

リサーチ