研究員

主任研究員
神尾 篤史
Atsushi KAMIO

日本の人口は減少傾向にあります。これまでの人口増加を前提とした制度や枠組み等は中期的に考えれば、一定程度変えていく必要があるかもしれません。今まで、シンクタンクの研究員として金融資本市場や日本経済の分析、そして財務省出向など、様々な分野の調査を経験してきました。これまでの経験を活かして、中期的な視点から調査を行い、新しいアイディアを提供していければと考えています。

所属

政策調査部

研究・専門分野

政策調査部

  • 日本とアジアの経済・社会構造分析、金融資本市場の分析

経歴

2006年 大和総研入社
2007年 ヘッジファンド調査を担当
2009年 日本経済調査を担当
2010~2012年 財務省へ出向(アジア債券市場育成イニシアティブ、ASEAN主要国経済調査等に従事)
2012年 金融・資本市場(アジア)調査担当
2015年 日本とアジアの経済・社会構造分析、金融資本市場の分析を担当
  現在に至る

著書・論文

  • “ASEAN Capital Market Integration: Progress and Challenges”, in Kinkyo, T., Matsubayashi, Y. and Hamori, S.(eds) Financial Globalization and Regionalism in East Asia, Routledge, London and New York.(2014)

その他

  • 日本証券アナリスト協会検定会員
  • 立教大学 兼任講師(2013年~2015年、2017年~)
  • 東京工業大学 非常勤講師(2017年)

執筆レポート

リサーチレポート

コラム

証券情報をわかりやすくダイワインターネットTV

2017年7月19日
「こども保険」をどのように考えるか

2017年3月、少子化を食い止めるための新たな社会保障制度として「こども保険」の導入が提言された。様々な考え方が出ている財源や給付方法の内容を整理し、子どもを持たない層へのメリットをどうするかなど、課題について考察する。

リサーチ