大和総研の働き方教室
企業が授業を提供する意義(その1)

大和総研の働き方教室 第1回

2018年1月11日

サマリー

大和総研では、東京大学、一橋大学、上智大学などにおいて、ディスカッション形式の少人数授業(学生20~30人)を提供しています。

その背景には、教育を「大学任せ」にするのではなく、「社会全体で若者を育てる」という問題意識があります。

日本の大学の授業料は、アメリカと比べると安い。その分、財政的な余力に乏しいので、どうしても大人数の講義が多くなり、きめ細かな少人数授業を行うのが難しくなります。

授業料を安く維持しつつ、少人数授業を増やすためには、「企業が無償で授業を提供する」ことが、1つの解決策になるのではないかと、考えています。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)

2012年12月13日から2013年2月21日まで、「経済の広場」で連載していました「経済指標を見るための基礎知識」が、電子書籍(Kindle本)として還ってきました。過去の連載時はGDP統計の解説までで終わっていましたが、その他の分野横断的な指標や個別指標の解説も大幅に加筆しました。また、その後の事態の変化を踏まえた追加・修正や最新データへのリバイズを行うとともに、電子書籍として利用しやすくなるよう様々な変更も加えています。

経済ナゾ解き隊—お金のホントを知る—

長年、エコノミストとして経済の動きの最前線に立ち会ってきた著者が、考える子どもを念頭に、お金をキーワードとして、わかりやすく語りかけます。経済というものを基本から知りたい、考えたい大人にもおすすめの本です。本書は、お金の始まりから昨今の国際的な金融危機まで、経済全体をわかりやすく解説しています。一通り読めば、世界の経済の流れが見え、世の中をかしこく生きる知恵として、お金の常識を理解することができます。