世界経済 東南アジア経済
アジアの高齢者雇用

~韓国とシンガポールを事例に~『大和総研調査季報』 2016年新春号(Vol.21)掲載

サマリー

本稿は、日本と同じ東アジアに属する韓国とシンガポールにおける高齢者雇用の現状や、それに関わる各種制度を紹介するものである。

韓国の事例では、高齢者の労働力率は国際的にも際立つほど高かった。しかし、他の年齢層と比較して、高齢者の多くは経済的理由から単純労働者などとして働くケースが多い。背景には、年金支給額の低さに加え、現役(正規社員)を退く時期が比較的早いために、資産形成が困難であることも指摘できる。このため、韓国政府は60歳までの定年義務化と同時に、一定年齢に達した労働者の賃金を引き下げる賃金ピーク制の導入を推進している。

シンガポールでは近年、高齢者の労働力率は急速に高まっているが、老後の備えが少ない高齢者が清掃員や単純労働者として働かざるを得ないケースが多い点は韓国と共通している。こうした状況の裏には、シンガポール政府が高齢者の自力救済を重視するスタンスを取っていたことが深く関わるが、同国政府は今後、弱者救済的なセーフティーネットの拡充をある程度強化していく方針である。


大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年11月16日
トランプ新大統領の今後と金融政策への影響

2016年10月26日
米国大統領・議会選挙のポイント

2016年9月28日
2016年9月FOMCのポイントと金融政策の見通し

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。