世界経済 東南アジア経済
【移民レポート9】フィリピン:海外送金のメリットとコスト

消費拡大VS人材流出

サマリー

◆国外で雇用契約を結んだフィリピン人労働者数は2013年にフローベースで224.2万人となり、約40年で60倍以上増加した。

◆この224.2万人のうち、約2割が船員である。また、香港やシンガポール、中東の産油国等で家事労働者や看護師として勤務する女性のほか、サウジアラビアなどの中東の産油国で建設業や製造業に従事する男性も目立つ。

◆こうした海外労働者等による送金はフィリピン経済に大きく貢献している。送金額は2013年に229.7億米ドルに達した。これは同年の名目GDPの8.4%に相当する規模であり、消費の拡大や経常収支の改善に大きく貢献している。

◆インドと同様に、フィリピンでも頭脳流出が問題となっている。特に医療セクターにおいてはフィリピンと先進国間の待遇の差が労働力の移動に直結しやすいため、看護師はもちろん、医師までもが看護師として国外で働くケースが相次いでいる。医師および看護師の不足は、医療機関へのアクセスが困難な地域の増加や医療現場の疲弊等を通じてフィリピンの医療サービスを低下させる。

◆出稼ぎ労働者がこれだけ多い一方で、フィリピン国内の雇用環境は改善していない。これまでフィリピン政府は移民や出稼ぎ労働者からの送金に依存し、国内産業の育成を他国よりもあまり重視してこなかった面もあった。フィリピンのような人口が1億人を超える国で失業問題を解決するためには、結局のところ途上国の経済政策の基本に戻り、インフラ整備や汚職対策、外資系企業の誘致等を一層促進して、国内産業の発展に努める必要があると思われる。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年11月16日
トランプ新大統領の今後と金融政策への影響

2016年10月26日
米国大統領・議会選挙のポイント

2016年9月28日
2016年9月FOMCのポイントと金融政策の見通し

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。