世界経済 中国経済
【移民レポート8】中国:注目される投資移民と深刻な裸官問題

海外逃亡を図る腐敗幹部

サマリー

◆2013年末時点で、中国は第4位の移民出身国となっている(第1位はインド、第2位はメキシコ、第3位はロシア)。

◆中国が送り出す移民の増加は、中国にとってのデメリットがより強調されるが、当然のことながらメリットも無視できない。具体的には、(1)頭脳還流、(2)移民による国内送金、(3)華人・華僑による直接投資の増加、などがあげられる。

◆一方、移民増加に伴うデメリットについて、中国は、①優秀な人材の流出(頭脳流出)、②多額の資金の中国からの持ち出し(資金流出)、③「仇富」(庶民が富裕層に対して不満や恨みを抱くこと)と呼ばれる社会不安定要素の増大、といった問題を抱えるようになった。②の中国からの資金流出について、米ボストン・コンサルティング・グループによると、投資可能資産が600万元を超える中国人富裕層の保有資産は、2011年末時点で33兆元(当時のレートで約5兆2,381億米ドル)に達し、うち2.8兆元(同約4,444億米ドル)が海外に移転されたという。この金額は2011年の中国のGDPの3%に相当する金額である。③の「仇富」については、「裸官」のように、財産占有の方法が権力を悪用した不正行為によるものであれば、なおさらである。

◆裸官とは中国で不正に資産をため込んで、妻子(時には愛人)と資産を米国、カナダなどの先進国に移し、タイミングを見計らって本人も中国から出国しようとする腐敗官僚・党員のことである。裸官全体の人数や不正蓄財・送金金額について、正式な統計はない。中国社会科学院が2011年に発表した資料では、「裸官」を含む腐敗幹部は累計で1.8万人が海外に逃亡し、8,000億元(約13.2兆円)を持ち出したとしている。「裸官」の目的は投資ではなく、逃亡であり、受入国側にも雇用創出や納税などで期待された効果が上がっていないといった不満がでている。中国が取り組むべき課題は、巨額な不正蓄財をさせない、不正な海外送金をさせない仕組み作りである。腐敗撲滅のスローガンとして「トラ(大物)もハエ(小物)も叩く」というのはあまりに有名な言葉となり、2014年10月20日~23日に開催された中国共産党第18期中央委員会第四回全体会議(四中全会)は、「法治」を謳った。今更ながらにその実行力が問われている。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年7月7日
欧州経済・金融見通し ~英国は本当にEUを離脱するのか?~

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。