米国経済
米国の公的医療保険、メディケイド

オバマケアの施行により、加入者数及び支出が大幅に増加

2015年2月6日

  • ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美

サマリー

◆メディケイド(Medicaid)は、米国の低所得者に対する公的医療保険制度である。連邦政府と州が共同でメディケイドに資金を拠出しており、2014会計年度の加入者数は約6,400万人で、米国の人口の約20%に及んだ。メディケイドは連邦政府の義務的経費の中で大きな割合を占めている。

◆メディケイドはエンタイトルメントプログラム(Entitlement Program)であるものの、各州の加入は任意である。しかし、ワシントンDCを含む全州と準州が加入しており、州は連邦規則に基づいて、各々のメディケイドプログラムを立案し、運営を行っている。このため、メディケイドは各州によって大きく異なるが、州がメディケイドのコストの最低半分を補う連邦政府からの補助金を受け取るためには、連邦規則に従わなければならない。

◆2010年に患者保護及び医療費負担適正化法(Patient Protection and Affordable Care Act)、通称オバマケアが制定され、2014年からメディケイドの加入資格の基準が拡大された。しかし、メディケイドの加入資格の拡大は州の任意となった。

◆メディケイドは、一般に米国経済よりも急速に増加しており、GDPに占める連邦政府と州のメディケイド支出の割合は、2012会計年度には2.7%に達した。オバマケアにより加入資格基準が拡大されたこともあり、今後、メディケイドの加入者数とともに、支出も大幅に増加することが予測される。

◆メディケイドは資金を拠出するための信託基金がなく、連邦政府の支出には上限がないものの、連邦政府と州の支出に占める割合は大きく、予算を作成する上で重要となる。また、メディケイドは景気動向に大きく影響される。将来的な経済成長や雇用レベル、連邦政府の赤字削減案もメディケイドに強い影響を与えることになるほか、今後も予測される民間医療費の増加がメディケイドに影響を与え得る。民間医療保険を含む全医療分野を踏まえて、メディケイドの加入資格や給付金の内容、コストを考慮していく必要があるだろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年11月16日
トランプ新大統領の今後と金融政策への影響

2016年10月26日
米国大統領・議会選挙のポイント

2016年9月28日
2016年9月FOMCのポイントと金融政策の見通し

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。