欧州経済
2016年の欧州経済見通し

内需が牽引する景気回復が継続するものの、低インフレは脱せず

2015年12月18日

サマリー

◆ユーロ圏経済は金融・債務危機からの回復の途上にあり、2016年も内需主導の緩やかな景気回復が続くと見込まれる。債務危機以降、ユーロ圏加盟国は財政健全化に重きを置いてきたが、大半の国が財政健全化目標を達成しつつある中、難民急増問題への対処やテロ対策に伴う歳出増もあって、財政政策は経済成長の抑制要因から、若干の促進要因へと変わってくると予想する。とはいえ内外需とも急回復は見込まれず、ユーロ圏の消費者物価上昇率は2016年もECB(欧州中央銀行)が掲げる「+2%を若干下回る前年比伸び率」を達成する見通しはまだ立たず、ECBは金融緩和を継続することになろう。ユーロ圏の経済成長率は2016年+1.4%、2017年+1.5%、消費者物価上昇率は2016年+0.8%、2017年+1.6%と予想する。

◆英国経済も2016年は個人消費と投資が牽引役となった景気回復が続くと見込まれる。英国は、金融危機後の景気回復でユーロ圏に先んじており、米国に次ぐ景気回復をみせている。ただ、英国の消費者物価上昇率はユーロ圏と同様に低迷し、米国と比べるとエネルギー等を除くコア物価の伸び悩みが目立つ。BOE(英中銀)は2016年年央に利上げへと踏み出すのではないかと予想するが、そのためには賃金上昇率の動向が注目ポイントとなろう。英国の経済成長率は2016年+2.4%、2017年+2.3%、消費者物価上昇率は2016年+0.8%、2017年+1.6%と予想する。

◆2016年の欧州経済のリスクは、中国経済が持ち直すことができるか、米国の利上げ開始が新興国からの急激なマネーの逆流につながらないかという世界共通のリスクに加え、欧州の政治リスクが指摘される。すでに2015年にEUを目指す難民の急増問題、テロとの戦いが大きな政治課題となっているが、これに加えて英国でEU加盟継続の是非を問う国民投票が2016年に実施される可能性が高い。ここで問題となるのは、これまで統合推進で一致してきたEUが、域内の人やモノの移動の自由という基本原則を維持するのか、それとも修正してくるのか、それがEUの求心力を低下させることにつながらないかということである。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年7月7日
欧州経済・金融見通し ~英国は本当にEUを離脱するのか?~

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。