東南アジア経済
ASEAN NOW (Vol.14)

ミャンマーの概況と今後の展望

2012年7月11日

経済調査部 佐藤 清一郎

サマリー

◆ミャンマーは、2011年3月のテインセイン政権成立とその後の民主化路線により、一躍世界に注目されることとなった。ミャンマーはアセアン加盟国の一つで、ラオス、カンボジアとともに発展が遅れた国と分類されるが、国土面積、人口規模、立地状況等から見て、ラオス、カンボジアとは一線を画す。ミャンマーは、豊富な労働力を背景に製造業振興が可能であり、また、バングラデシュやインドに隣接した立地から南アジアへの重要拠点となる可能性を秘めている。テインセイン政権は、今後、中期的に7.7%成長を目指している。

◆タイ、インドネシア、マレーシア等のアセアン主要国の工業化は1980年代後半に活発となったが、ミャンマーの工業化はかなり遅れている。ミャンマーの製造業割合が高まり始めたのは2000年代に入ってからである。ミャンマーの貿易構造は比較的シンプルで、貿易相手国は、タイ、中国、インド、シンガポールに集中、主な輸出品は、天然ガス、縫製品等、主な輸入品は、ディーゼル油、一般機械等である。ミャンマーへの海外直接投資は、国と分野において集中が見られる。投資国としては、中国とタイ、投資分野としては、水力発電や石油・天然ガス開発である。

◆2012年4月のテインセイン大統領来日の際、日本とミャンマー両国は、(1)国民の生活向上のための支援、(2)経済・社会を支える人材の能力向上や制度の整備のための支援、(3)持続的経済成長のために必要なインフラや制度の整備に関する支援を大きな柱とするミャンマー支援策について合意した。

◆今後のミャンマーの経済発展においては、日本の戦後の成長経験等も参考に、海外との協力の下、後発国の利益を十分に活かしながら、進んでいくことが効率的であろう。その際、海外からの資金が、大量に、かつ急激に流入して、国内経済に悪影響を与えないように、海外資金流入に対するモニタリング、対外債務のバランスチェック等に十分注意を払う必要がある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年7月7日
欧州経済・金融見通し ~英国は本当にEUを離脱するのか?~

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。