東南アジア経済
ASEAN NOW (Vol.8)

中所得国からの脱出目指すマレーシアの挑戦

2012年1月12日

経済調査部 佐藤 清一郎

サマリー

◆アセアンの中でマレーシアは、シンガポールとブルネイを除けば経済発展が一番進んでいる国と認識されている。そのため新興国というには違和感があるレベルだが、一方で先進国と比較した場合には、依然として相当の開きがあるのも事実である。今のマレーシアの最重要課題は如何に現状を打破して次の経済発展段階に進めるかである。

◆課題克服に向けたマレーシアの最大の問題は設備投資の割合が低いことである。設備投資は技術革新を具現化する重要なツールであり、また、ダイナミックな成長を達成するためにも大事なものである。マレーシアは、アジア通貨危機以前は比較的高い投資割合を維持していたが、アジア通貨危機以降は急激に割合が低下した。その後も回復の動きが見られない。

◆2009年に誕生したナジブ内閣は、それまでの政策を転換して経済開放を積極化させている。足元でも規制緩和などを実施している他、中長期的計画の中では12の重要分野を設定して中所得国からの脱出を図ろうとしている。マハティール政権時代にとられた現地民優先政策(ブミプトラ政策)が、経済の閉鎖性を生み成長を遅らせた面も大きいため、現在の開放政策は更なる発展にはプラス材料である。

◆ナジブ政権が実施している政策を見ると、マレーシアの見方を以前とは変えないといけないかもしれない。インドネシアに見られるように、開放政策は、生産性向上や競争力強化を通じて良い結果をもたらしており、マレーシアにもそれが期待できるのである。今後のポイントは、(1)アジア通貨危機後に急激に低下してしまった投資割合を、どの程度回復できるか、(2)生産性向上の大きな担い手となる技術力ある中小企業をどの程度育成できるか、(3)技術革新の基本となるR&D 投資やICT 技術導入をきちんとできるか等である。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年7月7日
欧州経済・金融見通し ~英国は本当にEUを離脱するのか?~

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。