税制A to Z
税制改正法案提出-株式10%税率2年延長-

上限金額は配当100万円、譲渡益500万円

2008年1月31日

制度調査部 吉井 一洋

サマリー

◆2008年1月23日に、与党の税制改正大綱に基づく2008年度税制改正法案が国会に提出された。

◆法案では株式の税制については、次のように改正することとされている。
◇現在の10%税率は、上場株式等の配当も譲渡益も、2008年末で廃止する。
◇上場株式等の配当は、2009年、2010年の2年間、年間受取金額100万円以下の部分に対し10%税率を適用する。
◇上場株式等の譲渡益は、2009年、2010年の2年間は、年間500万円以下の部分に対し10%税率を適用する。
◇2009年から上場株式等の配当と譲渡損失の通算を認める。2010年からは特定口座での損益通算を認める。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ