税制A to Z
みなし配当とは?

みなし配当の発生パターンと課税方法

2004年11月25日

制度調査部  齋藤 純

サマリー

◆ 商法上の配当ではない場合でも、企業組織再編や自己株式取得などに伴い、“みなし配当”が発生する場合がある。みなし配当とされた額は、一般の配当と同様に課税対象となる。
◆ みなし配当の規定は、2001年度の税制改正で大幅に改正され、現在では、株主に対し金銭等の交付が行われない場合にはみなし配当は発生しないこととされている。
◆ 本稿では、現在の規定に基づき、みなし配当が発生するパターンを確認するとともに、みなし配当に対する課税方法を、法人株主と個人株主の場合に分けてまとめる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ