証券・金融取引の法制度
ファイアーウォール政省令―証券の利益相反管理―

利益相反管理方針を策定し、利益相反を特定して管理する体制の整備が必要

2009年2月10日

制度調査部 金本 悠希

サマリー

◆1月23日、金融商品取引法等のファイアーウォール規制等の改正に関する政省令が公布された。6月1日から施行される。本稿では、改正項目のうち利益相反管理体制の整備について説明する。

◆改正政省令は、証券会社等(登録金融機関を含む)は、利益相反管理方針を策定した上で、利益相反を特定し、利益相反を管理する体制を整備しなければならないとしている。利益相反を管理する方法についても、チャイニーズウォールの構築などが列挙されている。

◆監督指針も改正されており、利益相反を特定する方法、管理方法、方針の策定などについて詳細に規定している。また、利益相反のおそれのある取引の典型例についても、具体的なケースが挙げられている。

(注)本稿は、政省令案段階で作成した拙稿「ファイアーウォール政省令案―証券の利益相反管理―」(2008年11月26日付 DIR Legal and Tax Report)の確定版である。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ