証券・金融取引の法制度
東証の議決権種類株式の上場制度の整備の概略

2008年8月29日

制度調査部 堀内 勇世

サマリー

◆東証では、議決権種類株式の上場制度の整備が図られ、改正されたルールが7月7日から施行されている。

◆いわゆる普通株式のみを上場している上場会社の場合、無議決権株式の上場のためのルールが整備された。

◆新規上場申請者(会社)の場合は、上場会社の場合よりも柔軟なルールとなっている。いわゆる普通株式と無議決権株式を発行する場合、無議決権株式のみの上場も、いわゆる普通株式と無議決権株式の両方の同時上場も可能となっている。また、議決権の少ない株式と議決権の多い株式を発行する場合、議決権の少ない株式のみの上場が可能となっている。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ