証券・金融取引の法制度
ETFの多様化のための投信法施行令等改正<確定版>

投資対象を拡大し、株価指数の個別指定を廃止

2008年7月25日

制度調査部 金本 悠希

サマリー

◆6月27日、金融庁は投資信託法施行令等の改正を公布した。

◆改正の狙いの一つは、ETF(上場投資信託)の多様化である。その方法として、(1)株式に限定されている現物拠出型ETFの投資対象を有価証券全般に拡大することと、(2)ETFの連動対象指標の個別指定を廃止することが規定された。

◆ただし、不適正な指標を利用したETFが組成されないよう、連動対象指標は金融商品取引所等が指定するものに限定され、また、十分な流通性を確保する措置が講じられていることが必要である。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ