証券・金融取引の法制度
投資性の強い預金等に関する政府令案の公表

排出権デリバティブ取引など、銀行・銀行子会社の業務範囲が拡大

2007年4月26日

制度調査部 金本 悠希

サマリー

◆2007年4月13日に、金融商品取引法制に関する政令案・内閣府令案等が金融庁によって公表された。5月21日までパブリック・コメントに付される。

◆内容は多岐に渡り、本稿では、そのうち、金融商品取引法の行為規制が準用される、銀行が扱う投資性の強い預金等に関する部分について扱う。

◆改正案のポイントは、投資性の強い預金等に準用される行為規制が具体的に規定されたことと、排出権デリバティブ取引など、銀行・銀行子会社の業務範囲が拡大されていることである。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ