証券・金融取引の法制度
大量保有報告書の見直しQ&A

2007年2月6日

制度調査部 横山 淳

サマリー

◆2006年末から2007年初にかけて、大量保有報告書の見直しが実施された。

◆それを受けて、2007年に入ってから、新しいルールに基づく、大量保有報告書の提出が相次いでいる。それに伴い、大和総研制度調査部にも、新しい大量保有報告書制度に関する質問が寄せられている。

◆本稿では、制度調査部に寄せられた質問のうち、主に基礎的な内容のものを中心に、Q&A形式で解説を行う。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ