その他法律
独禁法の株式分割の事前届出

2010年2月9日

制度調査部 堀内勇世
◆独禁法では、会社分割に関して、一定の場合、事前届出制度がとられている。

◆最近、基準などが変更された。

◆例えば、吸収分割において、事業を分割する会社の中に「分割対象が事業の重要部分で、その分割対象部分に係る国内売上高が100億円超となる会社」が少なくとも1社存在し、そして、事業を承継する会社が「国内売上高合計額が50億円超となる会社」である場合、公正取引委員会に事前に届出しなければならないとされている。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ