その他法律
独禁法の株式取得の事前届出

2010年1月7日

制度調査部 堀内 勇世

サマリー

◆独禁法では、会社による株式取得に関して、事前届出制度が導入され、今年から施行された。

◆株式取得会社(企業結合集団の国内売上高合計額が200億円超となる会社。)が、株式発行会社(子会社を加えた国内売上高の合計額が50億円超となる会社。)の株式を取得する場合で、取得後に株式取得会社の企業結合集団の保有する議決権の割合が20%、50%を超える場合には、事前に公正取引委員会に届出をしなければならない、というものである。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ