その他法律
独占禁止法等改正案の概略

2008年3月26日

制度調査部 堀内 勇世

サマリー

◆独占禁止法等改正案が、3月11日、現在開催中の通常国会に提出された。

◆課徴金の適用範囲の拡大、主導的役割を果たした事業者の課徴金の割増、課徴金減免制度の拡充、株式取得の事前届出制の導入などが含まれている。

◆成立すれば、原則として、公布の日から1年3ヶ月以内の政令で定める日から施行される。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ