金融システムの諸問題
ジャスダックのマーケットメイク制度の改組

証券会社の自己の計算による注文として、オークション方式に組み込む

2008年4月2日

制度調査部 金本 悠希

サマリー

◆ジャスダック証券取引所は、売買手法として、マーケットメイク制度を廃止し、2008年4月1日より、それに替わる制度としてリクイディティ・プロバイダー制度を導入している。

◆リクイディティ・プロバイダー制度とは、マーケットメイク制度におけるマーケットメイカーの提示気配を、リクイディティ・プロバイダー(証券会社)の自己の計算による注文としてオークション方式に組み込んだ売買手法ということができるだろう。

◆リクイディティ・プロバイダーは、証券会社がジャスダック証券取引所の指定を受けてなることができ、売り若しくは買いの一方又は双方の注文を毎営業日発注する義務が課される。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ