金融システムの諸問題
銀行の主要株主規制

20%以上の議決権取得には、予め認可が必要

2007年12月3日

制度調査部 金本 悠希

サマリー

◆11月22日、米国投資ファンドが組成した投資ビークルが新生銀行に対して発行済株式数の約22.73%を上限とする公開買付けを開始した。

◆銀行法は、銀行の主要株主規制を行っており、総議決権の5%超を保有する銀行議決権大量保有者には届出を求め、総議決権の20%以上を保有する銀行主要株主になろうとする者には、予め認可を受けることを求めている。

◆また、金融庁長官は、総議決権の50%超を保有する支配株主に対しては、支配株主傘下の銀行経営の健全性維持のため、銀行支援を要請できる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ