金融システムの諸問題
金融商品取引業者の主要株主規制

20%以上の議決権保有者は、届出書を提出

2007年11月30日

制度調査部 金本 悠希

サマリー

◆第一種金融商品取引業又は投資運用業を行う金融商品取引業者、又はその金融商品取引業者を子会社とする持株会社の20%以上の議決権を保有する主要株主は、遅滞なく、対象議決権保有届出書を財務局長に提出しなければならない。

◆対象議決権保有届出書には、議決権保有割合や保有目的などを記載しなければならない。

◆この主要株主は、主要株主でなくなった場合も、遅滞なく、その旨を財務局長に届け出なければならない。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ