会社法のすべて
自己株式の売却処分の事例0909(中)

第三者割当て的売却処分

2009年9月24日

制度調査部 堀内 勇世

サマリー

◆平成21年(2009年)1月1日から平成21年8月31日までの適時開示書類(プレスリリース)に基づき、保有する自己株式の売却処分の事例を紹介する。

◆ここではさらに事例を、「売出し的な方法」「グリーンシューオプションに利用する方法」「第三者割当て的な方法」「その他の方法」の4つに分類することにする。

◆その上で、このレポートでは、「第三者割当て的な方法」の事例一覧を掲載する。

◆なお、平成19年1月1日以降、平成21年8月31日までの適時開示書類(プレスリリース)により確認した、「第三者割当て的な方法」による売却処分は134社(152件)であった。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ