会社法のすべて
子会社が例外的に保有する親会社株式の処分の事例

2008年8月20日

制度調査部 堀内 勇世

サマリー

◆会社法では、子会社による親会社株式の取得は原則として禁止されている。ただし、例外的に取得が認められる場合がある。

◆しかし、例外的に認められる場合にも、相当の時期に処分しなければならない。

◆そのため、企業において、例外的に取得した親会社株式の処分を進めようとする動きがある。その動きの一部が適時開示資料(プレスリリース)から読み取れる。

◆そこで、適時開示資料(プレスリリース)から読み取れた「子会社が保有する親会社株式の処分の事例」を紹介する。

◆ここでは、「単純な売却処分の事例」9件と、「再編行為に伴う処分の事例」5件を紹介する。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ