会社法のすべて
合併の際に代用自己株式を用いた事例0601

2006年1月31日

制度調査部 堀内勇世

サマリー

◆平成13年10月の金庫株解禁に伴い、保有する自己株式(金庫株)の処分が厳しく規制されるようになった。

◆処分の方法として、代用自己株式の方法がある。

◆これは、合併、株式交換、会社分割において新株の代わりに与えることができるというものである。

◆平成17年(2005年)のプレスリリースから、合併の際に代用自己株式を用いた事例を、いくつか紹介する。

◆また、「特殊な代用自己株式」を用いた事例も紹介する。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ