会社法のすべて
相続人からの自己株式取得など

「会社法」の焦点シリーズ13

2005年10月21日

制度調査部 堀内 勇世 

サマリー

◆ 今年6月29日に「会社法」が成立し、7月26日に公布された。

◆ この会社法は、現在、株式会社などの会社に関する規制が商法などのいくつかの法律に散らばっているのでそれをまとめるとともに、現在の社会経済情勢にあうように改正を施したものである。

◆ 会社にとって好ましくない者が株主にならないようにするために、株式の譲渡制限の制度が存在する。

◆ しかしながら、株主に相続などがあったような場合については、機能しない。

◆ そこで、会社法では、相続等があった場合に会社が株式を引き取る方法を用意した。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ