会社法のすべて
取締役の任期短縮の動き4

2005年9月28日

制度調査部 堀内 勇世 

サマリー

◆ 現在、商法上、監査役を置く会社の取締役の任期は2年以内(再任可)とされている。

◆ 上場会社の中には、任意に取締役の任期を短縮(例えば1年に)する動きも増えてきた。

◆ ここでは、その動きを示す資料を提示する。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ