企業会計最前線
欧州での上場廃止に向かう日本企業[改訂版]

キリンビールもロンドン上場を廃止に

2006年6月30日

制度調査部 齋藤 純

サマリー

◆欧州の証券取引所での上場を廃止する日本企業が後を絶たない。取引量が少ないことが表向きの理由とされているが、2007年(2009年となる可能性が高い)からは国際会計基準と日本基準との差異について追加開示等が求められる予定となっており、これに伴う負担増が背景にあるとも考えられる。

◆わが国の会計基準を設定するASBJ は、既にIASB とのコンバージェンス(収斂)・プロジェクトを進めているが、国際会計基準との差異解消に対するプレッシャーは、今後ますます強まっていくことが予想される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ