企業会計最前線
IASB、包括利益計算書の導入へ

「当期純利益」と「包括利益」を別表示

2005年11月29日

制度調査部 吉井 一洋

サマリー

◆IASB(国際会計基準審議会)と米国のFASB(企業会計基準審議会)は、「業績報告」に関する共同プロジェクトを設けて、「包括利益」の導入について、検討を行っている。

◆2005年11月のIASB会議では、当期純利益と包括利益を1つの計算書で示す方法だけでなく、別々に2つの計算書で示す方式も選択できることとする旨が決定された。

◆「包括利益」を導入した新しい財務諸表の公開草案は、2005年中にも公表される予定である。

◆「業績報告」については、今後も引き続き見直しが検討される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ