経済分析レポート
2017年10月消費統計

特殊要因による悪影響を割り引いても、個人消費には弱さが見られる

2017年12月1日

サマリー

◆2017年10月の家計調査では、台風や自動車メーカーの無資格検査問題などの特殊要因が影響し、実質消費支出が前月を下回った。供給側統計の商業動態統計においても、同様の理由により、「織物・衣服・身の回り品小売業」、「自動車小売業」などが減少している。

◆2017年10月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲2.0%と3ヶ月ぶりに減少した。また、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)についても同▲1.8%と2ヶ月ぶりに減少している。実質消費支出は、2017年6月頃からほぼ横ばいの推移を続けていたが、足下では弱含んでいる。費目別に見ると「交通・通信」(同▲6.8%)、「住居」(同▲6.8%)、「衣服及び履物」(同▲0.5%)が全体を押し下げた一方、「教育」(同+2.4%)は押し上げに寄与した。

◆2017年10月の商業動態統計を見ると、名目小売販売額は横ばいであった。名目小売販売額は、2015年終盤から2016年頭にかけての低迷期と比較すると高い水準を維持しているが、2017年に入ってからは横ばい圏での推移が続いている。業種別に見ると、「織物・衣服・身の回り品小売業」(前月比▲3.1%)、「自動車小売業」(同▲2.8%)が全体を押し下げた。一方、全体の押し上げ要因となったのは「燃料小売業」(同+3.0%)である。同業種の売上増が数量ではなく価格によるものであることに鑑みれば、名目値で横ばいだった全体の小売販売額は、実質ベースで見れば減少したとみられる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。