経済分析レポート
「未来への投資を実現する経済対策」の評価

2016年度GDPを0.2%押し上げ。構造問題への対応策も評価出来る

2016年8月3日

  • エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 齋藤 勉

サマリー

◆2016年8月2日、「未来への投資を実現する経済対策」が閣議決定された。一時的な景気浮揚効果を狙った対策という性格に加えて、中長期的な構造問題の解決を意図した項目が多く含まれていることが特徴と言えよう。

◆本対策のうち、2016年度補正予算によって財政措置が組まれるものは4.5兆円程度となるもようだ。公共事業の契約率、進捗率などを考慮すると、今回の対策は2016年度のGDPを0.2%押し上げることとなるだろう。

◆ただし、今回の対策では、2016年度中に予算措置が行われない項目にこそ注目が必要だ。社会負担の増加により、可処分所得が伸び悩む中、雇用保険料を引き下げることは一定程度家計の可処分所得を下支えするだろう。また、女性の雇用環境の改善も、長い目で見れば世帯年収の増加を通じて、可処分所得改善に資すると考えている。

◆景気の基調が弱含む中で、短期的な景気浮揚効果の大きい公共事業に頼るだけでなく、あえて構造的な問題に対する政策を多く打ち出したことは評価出来る。一方、対策として打ち出された政策が将来の予算編成に影響を及ぼし続けることには疑問が残る。

◆政府には、適切な検討、議論を踏まえて、必要な政策に必要な予算を付けるという「ワイズスペンディング」を基本理念として、「バラマキ政策」と揶揄されることのないような経済政策の策定や財政運営が求められていると言えよう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。